FFG証券

FFG証券について

福岡銀行

FFG証券の“FFG”とは「ふくおかファイナンシャルグループ」のことで、前身である「前田証券」から数えると創業78年になります。福岡市の中央区にある福岡銀行の本店のビル9階に本社を構えています。それ以外には、福岡県内と大分・長崎・熊本を含め20店舗展開しています。平成24年には福岡銀行の100%子会社となったことで、創業当時の商号であった「前田証券」から「ふくおか証券」に商号を変更しました。そして、平成30年5月には「ふくおかファイナンシャルグループ」の証券会社となったことで「FFG証券」となりました。

 

お客様1人ずつのニーズに合わせた“こまめな”なサービスをモットーとしており、商品の提案はもちろんですが、商品の購入後のアフターフォローなどのサービスも、こまめに対応することを約束しています。この会社のイメージキャラクターもこの“こまめ”に因んだものとなっており、えんどう豆の「こまめちゃん」と言います。

 

また、これ以外にも直接会って商品をお客様に提案する「対面営業」を大切にしており、これから増えると予想される個人の資産運用に関しても、直接会って専門的なアドバイスや説明をしていきたいという方針です。このような方針が前述の“こまめさ”につながっていくとも考えられます。

 

FFG証券は、前身である「前田証券」の頃に培った地域密着性と、FFGグループの一員となったことによる情報量と営業力が加わったことで、多用なサービス展開が可能となりました。2015年の11月からは「インターネット・トレード」を始めており、グループの証券会社としての強みを活かしています。この「インターネット・トレード」は、パソコンやスマートフォンはもちろん、タブレット端末からも株式や投資信託などの取引をすることが可能です。このサービスは、親会社でもある福岡銀行の口座であるインターネットバンキングとも連携もできるようになっています。


page top